純正トナーとリサイクルトナーの印刷可能枚数について

純正品とリサイクル品で印刷可能枚数は違う?

注文時にカートリッジは必要?

基本的に違いはありません。

当店のリサイクルトナーはメーカー純正品と同等の枚数が印刷できるようにトナーを充填しています。純正品使用時と比べ、印刷可能枚数が極端に少ない場合は何らかのトラブルの可能性がございます。その場合はすぐに当店までご連絡ください。責任をもってしっかりとサポートいたします。

JIS規格に基づいた印刷可能枚数

注文時にカートリッジは必要?

トナーカートリッジの仕様上の印刷可能枚数は、JIS規格(日本工業規格)に沿った印字試験の結果に基づきます。 モノクロトナーの場合は【JIS X 6931(ISO/IEC 19752】という規格が、カラートナーの場合は【JIS X 6932(ISO/IEC 19798)】という規格が使われています。 トナーの印刷可能枚数を定めたJIS規格は、海外で定められたISO/IEC規格(国際標準化規格)に準拠し、内容がほぼ共通のため、 プリンタメーカーサイト等での印刷可能枚数の表示にはJIS番号の後にISO/IEC番号が記載されることが多いです。

印刷可能枚数のJIS規格

JIS X 6931(ISO/IEC 19752)

2005年に制定されたJIS規格です。 正式な規格名称は「モノクロ電子写真式プリンタ及びプリンタ複合機のトナーカートリッジ印字可能枚数測定方法」です。 この測定方法に基づいた印字試験により、モノクロトナーの仕様上の印刷可能枚数が決まります。 【JIS X 6931】は、2004年に制定された【ISO/IEC 19752】という国際規格に準拠し、内容はほぼ共通です。なお【ISO/IEC 19752】の正式名称は 「Information technology―Method for the determination of toner cartridge yield for monochromatic electrophotographic printers and multi-function devices that may contain printer components」 となります。

JIS X 6932(ISO/IEC 19798)

2008年に制定されたJIS規格です。 正式な規格名称は「カラー電子写真式プリンタ及びプリンタ複合機のトナーカートリッジ印刷可能枚数測定方法」です。 この測定方法に基づいた印字試験により、カラートナーの仕様上の印刷可能枚数が決まります。 【JIS X 6932】は、2006年に制定された【ISO/IEC 19798】という国際規格に準拠し、内容はほぼ共通です。なお【ISO/IEC 19798】の正式名称は 「Method for the determination of toner cartridge yield for colour printers and multi-function devices that contain printer components」 となります。

両規格の詳細はJISC(日本工業標準調査会)のWEBサイトで確認できます。

http://www.jisc.go.jp/index.html

両規格が制定される前からもトナーの仕様として「約5,000枚印刷可能 A4サイズ印字密度5%片面連続印刷時」のような表記が行われていたものの、 どのような環境下でどのような原稿を用いてテストを行うかは統一されておらず、ばらつきが生じていました。 しかし規格制定後は「約5,000枚印刷可能 JIS X 6931(ISO/IEC 19752)に基づき、A4普通紙に片面連続印刷時」のような表記が主流となり、 印字テスト方法が統一されたことでメーカー間や機種間の印刷可能枚数の差を比較しやすくなりました。

厳格な印刷試験

【JIS X 6931】及び【JIS X 6932】はとても厳密な規格です。 印字試験は、その準備から実施に至るまで細かい規定が存在します。試験では必ず指定の原稿を用いなければなりません。 原稿はモノクロとカラーとで内容が異なり、ISO/IECが提供する下記のような原稿を使用します。

印刷試験はプリンタの定格速度にて、連続印字モードの片面印字で行います。 用紙の補充などの休止が入るため、実際には完全な連続印字ではなく半連続印字となりますが、 試験実施の上で必要な最低限の休止を除き、試験中は可能な範囲で連続印字に努めなければなりません。 また、プリンタやカートリッジの個体のばらつきによる影響を抑えるため、試験には充分なサンプルが求められます。 最低でも9本以上のトナー(カラー印刷で4色を用いるなら各色9本ずつの合計36本以上)を3台以上のプリンタで印刷しなければなりません。 このサンプル数は試験に必要な最小限の数量であり、可能であればより多くのトナーとプリンタで試験を行うのが望ましいとされています。 印刷枚数は温度や湿度にも左右されるため、試験環境についても規定が存在し、 試験中は15分ごとに温度や湿度の記録を取り、規定の範囲を逸脱していないかを確認する必要があります。 細かいところでは試験中にトナーカートリッジを振ることができるタイミングや回数についても定められています。 トナーカートリッジは残量が少なくなった際に、取り外して軽く振ることで残りのトナーの出がスムーズになる場合があります。 試験ではその点が考慮され、試験中の印字に掠れが生じた場合などに、トナーカートリッジを振るという作業が2回まで許可されています。 その他にも、プリンタの設置手順や使用する用紙、プリンタドライバやフォントの設定に至るまで、様々な規定が存在します。 プリンタメーカーが公表している印字枚数は上記のように厳密な手順に従った試験を経て算出されており、 同様の条件であれば概ね公表値通りの印刷が可能と考えて差し支えはないでしょう。

実際に使用する際の印刷可能枚数

注文時にカートリッジは必要?

印刷可能枚数が10,000枚と書いてあったのに、すぐにトナーが無くなってしまった

使用しているトナーが純正かリサイクルかを問わず、お客様からよくお問い合わせ頂くご質問です。 自分で実際にトナーを使った際に、メーカー公表値の枚数よりも遥かに少ない枚数でトナー切れになってしまったという経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。 メーカー公表値はあくまでJIS規格に基づいた印刷可能枚数です。 では実際にオフィス等の日常業務でトナーを使用した場合はどの程度の印刷が可能なのでしょうか? 結論から言ってしまえば、使用環境にもよりますがメーカー公表値の半分程度の枚数が印刷できれば充分な方だと思われます。

前述の通り印刷枚数に関わるJIS規格は非常に厳密です。 同条件下であればメーカー公表値に近い枚数を印刷できるのはほぼ間違いありません。 しかし実際に業務でプリンタを使用した際に印刷できる枚数はかなり少なくなってしまいがちです。 印刷可能枚数を左右する要素は様々なものがありますが、以下の3つは特に影響が大きく、 実際に印刷可能な枚数を少なくし、トナーが早くなくなってしまう原因として挙げられます。

連続印刷か間欠印刷か

JIS規格では連続印刷をしているのに対し、業務上でのプリンタ使用現場では数枚ずつの断続的な印刷が頻繁に行われることが多いです。 レーザープリンターはその仕組み上、印刷を止めることなく連続して印刷を行った際に最もトナーを効率よく使うことができます。 ところが原稿を数枚ずつ断続的に印刷するような使い方は、印刷が途切れるたびに一定量のトナーがプリンタ内部で廃棄されます。 このような断続的な印刷は間欠印刷と呼ばれますが、この間欠印刷で廃棄されるトナーの量は非常に多く、実際に印刷できる枚数を著しく減らします。

用紙サイズの違い

JIS規格ではA4サイズの原稿を用いて印字枚数を測定します。 これはA3サイズの印刷が可能なプリンタでも同様です。 仮に同じ原稿を印刷した場合でも、A4サイズに合わせて印刷するのとA3サイズに合わせて印刷するのとでは、後者の方がより多くのトナーを消費します。 A4サイズとA3サイズでは面積で2倍近くの差があるため、A3用紙対応機種でA3サイズの印刷を主に行っていると、思いの外トナーが早く減ることになります。

印字密度の違い

JIS規格の原稿印字密度は約5%のため、その密度を超えるような原稿を印刷した場合は、より多くのトナーが消費されます。 文書をメインとする限りは大抵は10%以内の印刷密度で収まりますが、原稿の内容に写真が含まれる場合は密度が非常に高くなり、印刷密度が30%や40%を超える場合もあります。 そのような密度の高い原稿はJIS規格の原稿に比べて数倍のトナーを消費するため、非常に早くトナーが無くなる原因となります。

上記の要素は一つだけでも印刷可能枚数に大きな影響を与えますが、特にA3用紙対応のカラープリンタは「A3サイズで写真がメインの原稿を断続的に印刷する」 という具合に複数の要素を満たしてしまう場合もあり、 トナーが非常に早く無くなるという印象に繋がることも多いようです。

リサイクルトナーの印刷可能枚数

注文時にカートリッジは必要?

リサイクルトナーは純正と同等の印刷可能枚数を実現できるよう製造されています。 しかし、それは適切な印字試験を経て開発され製造されたリサイクルトナーであれば、という条件が付きます。 純正トナーは基本的にプリンタ開発元のメーカーが仕様通りの製造を行いますが、 リサイクルトナーは様々なリサイクルトナーメーカーが開発と製造を行います。 そのため適切に開発と製造が行われたリサイクルトナーであれば純正同等の印刷が可能ですが、 粗悪なリサイクルトナーは純正トナーの印刷枚数に全く満たない場合もあります。 なおリサイクルトナーも純正トナーと同様に間欠印刷ではトナーの消費効率が著しく悪化します。 純正トナーで印刷枚数が減るような要素はそのままリサイクルトナーにも当てはまります。

リサイクルトナーの印刷可能枚数の試験

注文時にカートリッジは必要?

リサイクルトナーは開発時に適切な印刷試験が行われているかどうかが品質を大きく左右します。 下記は当店販売リサイクルトナーの開発時における印刷試験の手順の一例です。

エコインクイン商品の印刷試験

リサイクルトナーの印字品質テスト
  • 新品のプリンタと純正トナーを準備する
  • 印刷試験前に純正トナーを分解し、各パーツの重量やトナー充填量を測定
  • JIS規格のテストパターンで連続印刷を行う
  • 印刷枚数1,000枚毎に純正トナーの総重量とトナー消費量を測定
  • トナー交換メッセージが表示されるまで印刷を繰り返す
  • 印刷試験が終了した使用済み純正トナーを分解、清掃し、リサイクルトナーを組み立てる
  • 純正トナーと同様に交換メッセージが表示されるまで組み立てたリサイクルトナーで印刷と測定を繰り返す
  • 純正トナーとリサイクルトナーの試験結果を照合し、基準を満たしていることを確認する

印刷試験では通常はJIS規格のテストパターンを用いて印刷を行いますが、 現実的な使用状況に即した試験結果を得るために独自のテストパターンで追加の試験を行う場合があります。

印刷試験で使用するリサイクルトナーのサンプル数はカートリッジの種類により異なります。 構造が単純なボトル型のトナーではサンプル数は少なく、構造が複雑な感光体一体型のトナーではサンプル数が多くなる、 などの傾向はありますが、使用するサンプル数はプリンタとトナーの性質を考慮した上で総合的に判断します。 当店工場では製造する全てのリサイクルトナーで純正トナーと同等の印刷枚数を実現できるよう、 適切な試験と精度の向上に常に努めています。

ecoink.in ならご購入後も安心

エコインクインリサイクルトナー・ドラムなら、品質はもちろんのこと、ご購入後の保証やサポートも安心です!
安心・格安のリサイクルトナー・ドラムをぜひご活用ください。

国産  の格安激安通販しています

日本国産の確かな品質と品揃え

当店のリサイクルトナー・ドラムは全国10箇所以上の再生工場に生産を委託し、品質を厳正して出荷しています。 STMC、E&Qマーク、ISO9001、ISO14001などの各種品質・環境認定製品を取扱し、日本最大級の品揃えと在庫品の安定供給できる体制をつくっています。

安心・高品質の  を格安激安販売しています

安心保証・サポートのパイオニア

当店では業界で最初にリサイクルトナーの永久保証返金保証を導入しました。当店独自の製品保証やプリンタ修理保障使用済みカートリッジ無料回収など、購入後のサポートを重視し、お客様に安心してご利用頂けるサービスを追求しています。

エコインクインのリサイクルトナーは年間10万本の販売実績

年間販売本数10万本の実績

Ecoink.inは2008年に開店し2018年で10周年を迎えました。 おかげさまで現在は日本全国3万社以上の企業様でご利用頂いています。 品揃え、品質、価格、サービスにおいて、業界最高水準を目指し、お客様に喜んで頂けるような店舗づくりに全力で取り組んでいます。

  のお問い合わせ

お客様に安心してご利用頂くために、ご購入前から使用後までしっかりとサポート致します。
商品に関するご質問や不安な点などございましたら、下記連絡先までお気軽にご相談ください。