リサイクルトナーの品質管理基準まとめ

STMC

STMC(Standardized Test Method Committee)はリサイクルトナー先進国アメリカにて、リサイクルトナー普及を推進するI-ITC(International Imaging Technology Counsil)とR.I.T.(ロチェスター工科大学)を中心に制定された世界標準の検査基準です。STMCはJIS規格やISO規格のような包括的な規格とは異なり、リサイクルトナーに特化した規格という点が大きな特徴です。STMCではカートリッジの分解や清掃、トナーの充填や印字テストなど、リサイクルトナーにとって重要な多数の項目に基準が定められています。リサイクルトナー製造工場がSTMCの認定を受けるためには、I-ITC及びR.I.T.により認定されたトレーナーから充分な指導を受け、規格に沿った品質を確保するための各種試験機器を備えなければなりません。STMC認定工場には固有のIDが発行され、そのIDが印刷された認定マークを製品のパッケージに貼り付けることができます。

E&Q

E&Q(ECO & QUALITY)は日本カートリッジリサイクル工業会(AJCR)が制定したリサイクルトナーの環境と品質に関わる管理基準です。E&Qでは環境管理基準27項目・品質管理基準10項目が設けられており、第三者審査機関の審査を通じて認定されたAJCR会員企業だけがリサイクルトナーカートリッジの梱包箱にE&Qマークラベルを貼付することができます。E&Qは認定後も年に一度の再審査が義務付けられ、製造工場は品質の維持に厳しく務めることが求められます。E&Qでは『純正品実印刷枚数に対し90%以上としなければならない』あるいは『再資源化率が回収した使用済み製品全体質量の95%以上としなければならない』など極めて具体的な基準が設けられており、認定製品の品質を高いものとしています。

ISO9001(品質)

国際標準化機構(ISO、International Organization for Standardization)により1987年に定められた国際規格です。一般的に品質マネジメントシステムと呼ばれる事から『工業製品の品質そのもの』についての規格と誤解されがちですが、ISO9001は『顧客が求める製品やサービスを継続的に提供・改善するための仕組み』について定めていることを特徴としています。ISO9001が対象とする取り組みの範囲は非常に広く、顧客の要求を把握することをはじめとして、製品の製造や製品を送り出してからの分析や改善、一連の活動を遂行するための経営最適化までをも含みます。ISO9001の認証とは、これら品質改善のための取り組みを国際規格として定められたルールの下で継続的に実行していることを示しています。

ISO14001(環境)

国際標準化機構(ISO、International Organization for Standardization)により1996年に定められた環境マネジメントの国際規格です。ISO9001は企業や組織が周囲の環境に与えている影響を明確にし、問題を解決するための仕組みについて定めています。環境保護のために目的と計画を立て、その実施と運用を行い、結果を点検し、改善のための処置を行い、再び目的と計画を立てるという、継続的な改善サイクルを取り入れていることがISO14001の大きな特徴です。ISO14001の認証とは、廃棄物や消費エネルギーの削減など環境保護の活動を、国際規格として定められたルールの下で継続的に実行していることを示しています。