リサイクルトナーの新製品開発について

リサイクルトナーと純正品・汎用品などの違い

自分のプリンタに対応したリサイクルトナーはいつ発売されるの?

新製品のプリンタの購入を検討する際、または購入後に同じことが気になったお客様は多いかと思います。 実際にお客様から当店へたびたびお問い合わせ頂く質問でもあります。 新製品の純正トナーに対応したリサイクルトナーが販売されるまでの期間や、 実際に販売されるかどうかについては、様々な要素が複雑に絡み合っています。 その中でも代表的な要素は下記の通りです。

  • 需要の多さ

    新たなリサイクルトナーの開発には相応のコストが掛かります。 開発予定の製品に対応したプリンタが充分に普及しており、リサイクルトナーの需要が多く、 開発コストを回収できる見込みが立つのであれば開発と販売が行われますが、 対応プリンタの販売台数が少なく開発コスト回収の見込みが立たない場合は開発が見送られます。 本体価格が高額な大型プリンタや複合機は普及台数が非常に少なく、 リサイクルトナーの需要も少ないため、あまり開発が行われません。

  • 再生可能な空容器の流通量

    リサイクルトナーの製造には純正トナーの空容器が必要です。 リサイクルトナー製造に適した空容器が充分に流通しており、 空容器を調達できる見込みがあれば開発が行われます。 再生可能な空容器の流通量を左右する要素としては、プリンタ本体の普及台数の他に、 対応した空容器の再生可能回数が挙げられます。 空容器をリサイクルトナーとして再生できる回数には限りがあります。 リサイクルトナーとして再生しても部材の損耗が少ないタイプのカートリッジであれば10回くらい再生できますが、 1回しか再生できないようなタイプもあります。 当然、前者の方が空容器の流通量は多くなるので対応のリサイクルトナーが開発されやすいです。

  • 構造が類似した旧製品の有無

    カートリッジによっては構造が類似した旧製品の空容器を流用してリサイクルトナーを製造できる場合があります。 こうしたカートリッジは空容器の流通量の問題になりづらく、加えて構造が類似していることから開発コストも抑えられ、 開発期間も短くなり、対応のリサイクルトナーが早めに販売される傾向にあります。

  • ROMチップの有無とチップ開発の難易度

    トナーカートリッジにはROMチップが搭載されているものがあります。 ROMチップはカートリッジの認証や印刷枚数の記録など様々な用途で使用されます。 リサイクルトナー開発時にはこのROMチップも独自に開発しなければならない場合があります。 ROMチップ開発の難易度はカートリッジによって様々です。簡単に開発できる場合もあれば、 需要や空容器の調達には問題がなくてもROMチップの開発が困難なために特定の機種への対応や新製品のリリース自体を断念する場合もあります。

  • 特許の問題

    リサイクルトナー開発の際には他者の特許を侵害しないよう注意する必要があります。 他者の特許を回避できる見込みが立たない場合は開発を断念するしかありません。

  • トナー粉の性質

    リサイクルトナー開発では、純正トナーで使用するトナー粉の性質の再現が課題となる場合があります。 レーザープリンタはトナー粉に熱を加えて溶かして用紙に定着させることで印刷を行いますが、 近年は従来よりも低い温度でトナー粉を定着させるプリンタが増えています。 低い温度でトナー粉を定着できれば電力消費を抑えることができ、 プリンタ使用前のウォームアップ時間も短くなることでプリンタ起動から印刷までの時間も短くなるなどのメリットがあるからです。 低温での定着を行うプリンタで使用するリサイクルトナーを開発製造する際には、 純正のトナー粉と同様に低温で溶けるトナー粉を調達する必要があります。

  • 印字品質と印刷枚数の確保

    リサイクルトナーと純正トナーではトナー粉が全く同一というわけではないため、 完全な印字品質の再現は困難です。しかし実用上問題のない範囲での印字品質を確保する必要があります。 印字の精密さや濃度、そして印刷可能枚数が充分な水準に達しなければ製品化することはできません。

  • 不具合率の高さ

    製品の不具合率も重要な要素です。印字品質や印刷枚数が充分なものであっても、不具合が多くては製品として失格です。 しかしカートリッジの中には、純正品ですら不具合率が極めて高く、業界内で失敗作と呼ばれるような製品も存在します。 純正品の時点で不具合率が高いカートリッジはリサイクルトナーとして再生すると更に不具合率が高くなってしまうので、 製品化を断念することが多いです。

リサイクルトナーと純正品・汎用品などの違い

結論

様々な問題を解決し、新製品に対応したリサイクルトナーがどれくらいの期間で販売されるかについては、 明確な目安はありません。早ければ純正トナーの発売から一ヶ月前後でリサイクルトナーの販売が始まる場合もあれば、 対応したリサイクルトナーが全く販売されない場合もあります。エコインクインではお客様にいち早く新商品を提供できるよう、再生工場と連携し開発に取り組んでいます。もしお客様の対応カートリッジが見つからない場合はお気軽にご相談ください。

リサイクルトナーと純正品・汎用品などの違い

おまけ - リサイクルトナーを使いたい場合、どんなプリンタを買えばいいの?

対応のリサイクルトナーが既に販売されているプリンタを買うのが最も確実です。 レーザープリンタは比較的枯れた技術を用いている製品ですので、基幹機能である印刷部分については最新モデルと旧モデルの差が小さく、 旧モデルの製品でも充分な性能を発揮してくれると思います。しかし通信規格やソフトウェアなどの機能面から最新モデルを選びたい場合もあるかと思います。 その場合は「最新モデルのプリンタだが使用するトナーは旧モデルと同じ」というような機種であれば、既にリサイクルトナーが販売されていることが多いのでお勧めです。 「購入を検討中の最新モデルはどれも対応リサイクルトナーが販売されていない。その中から将来リサイクルトナーが販売される可能性が高い機種を選びたい」という場合は、 シェアの大きいメーカーの売れ筋のモデルを選ぶのが無難な選択肢となります。売れ筋のモデルは消耗品の需要が多く、対応のリサイクルトナーが開発されやすいからです。 あるいは最新モデルで使用するトナーの見た目が旧製品に酷似しており、その旧製品に対応したリサイクルトナーが既に販売されているのであれば、 同系のトナーということで空容器の調達が容易である等の理由から最新モデルに対応したリサイクルトナーが発売される可能性は高いと予想できます。 しかし似ているのは外側だけで中身は全くの別物とか、ROMチップが別物で開発の難易度が高いとか、そうした場合はリサイクルトナーの発売が遅れる、 あるいは発売されないということもあるでしょう。

ecoink.in ならご購入後も安心

エコインクインリサイクルトナー・ドラムなら、品質はもちろんのこと、ご購入後の保証やサポートも安心です!
安心・格安のリサイクルトナー・ドラムをぜひご活用ください。

国産  の格安激安通販しています

日本国産の確かな品質と品揃え

当店のリサイクルトナー・ドラムは全国10箇所以上の再生工場に生産を委託し、品質を厳正して出荷しています。 STMC、E&Qマーク、ISO9001、ISO14001などの各種品質・環境認定製品を取扱し、日本最大級の品揃えと在庫品の安定供給できる体制をつくっています。

安心・高品質の  を格安激安販売しています

安心保証・サポートのパイオニア

当店では業界で最初にリサイクルトナーの永久保証返金保証を導入しました。当店独自の製品保証やプリンタ修理保障使用済みカートリッジ無料回収など、購入後のサポートを重視し、お客様に安心してご利用頂けるサービスを追求しています。

エコインクインのリサイクルトナーは年間10万本の販売実績

年間販売本数10万本の実績

Ecoink.inは2008年に開店し2018年で10周年を迎えました。 おかげさまで現在は日本全国3万社以上の企業様でご利用頂いています。 品揃え、品質、価格、サービスにおいて、業界最高水準を目指し、お客様に喜んで頂けるような店舗づくりに全力で取り組んでいます。

  のお問い合わせ

お客様に安心してご利用頂くために、ご購入前から使用後までしっかりとサポート致します。
商品に関するご質問や不安な点などございましたら、下記連絡先までお気軽にご相談ください。